多数決の道(6)2007年03月01日 08:06

 多数決制による集団意思の集約と統合を成立させるための第6のカギは、「決定への服従」である。
 さんざん論議を尽くしながら妥協と譲歩を重ねた末に、異なったいくつかの主張を採決まで収斂させてきたのだから、多数決制による決定は成員の誰しもが満足する姿になりそうなものだが、実はそうならないのがこの方式である。
 それどころか逆に、譲歩と妥協の産物として、誰しもに不満の残るキメラのような姿の決定が生み出されることさえある。それでもなおかつ、結果がどんなに不満足なものであろうと、全成員の決定への服従が約束されなければ、この方法による「集団意思の集約」は成り立たない。
 しかも奇妙なことに、多数決制を進めていく上での第1の要件が、成員の「権利の平等」であるにもかかわらず、多数決制の結果はこれと矛盾した「少数の多数への服従」に帰する。
 歴史的に見て、多数決制は、「特権を持つ少数への多数の服従」を否定するところから始まった。だからこそ、その第1の要件が「権利の平等」なのだが、結果は必ずしもそれを満たさない。議論の過程に意味があるとされるゆえんだ。
 こう見てくると、多数決制には頼りなさや、矛盾が内在していることが明らかだ。日本人が欧米から教わった多数決という手段は、集団意思をまとめるための、数あるやり方の一つにすぎない。──そのくらい柔軟に考えて、多数決が絶対なものであるという呪縛から、たまには解き放たれてみることも大切だろう。どんな社会でも、多数が必ずしも正しいとは限らない。
 さはさりながら、人間の集団が人間を信じ、権利の平等と英知を信じ、自らの道を拓いて地上に楽園を築こうと望む限り、多数決制に勝る自治のシステムがないことも事実だ。
 そして、「少数の多数への服従」を、根深い不満や新たな紛争の種子にしないために、「決定の見直しへの柔軟さ」と「秩序ある活発な言論活動」が何としても必要だし、それらがこのシステムを補強する。
 多数で決めたことも、金科玉条としてはなるまい。国の基本法である憲法ですら、見直しをためらうべきではない。(;)=この項完=

門前ゴミの山2007年03月02日 07:57

 どなたか存じないが、門前にゴミを置いて去る方が絶えません。お一人ではなさそうだ。
 ご来庵の皆さまに目障りだろうし、けがらわしい感じも与えるだろうと、ほとんど毎朝・毎晩、書き込みのついでに清掃しています。
 昨日のゴミは、viagra/viagra/viagra/viagra/viagra/viagra/
viagra/viagra/viagraとstreaming sex camsそしてnude mature women ukの11個、つまり 庵主にはまるで用のないviagraが9個と、ムムッと感じさせられるお誘いが2個、「トラックバック」の標識箱に積まれていました。
 ゴミとして焼いても燃えないばかりか、エゴい匂いの煙を出してくすぶる。他人の庭先に、人目を忍んで投げ込まれた、いかがわしい商売のとっかかりだけに、エゴい匂いがつツンと鼻を突きます。地面に埋めても、いつまでも腐らず、思い出したように悪臭が地表に漂います。
 ご覧ください、未だに消えずに残っているのも、こんなにたくさんあるのです。ほんの一部ですが、free live sex cam com/ live cam list sex/ asian cam free live sex/ cam chat live sexy web/cam couple live sex web/ cam chat free live sex/ live sex cam chat/ live web cams free sex/ sex web cam live free/ free live web cam sex/ live sex chat cams/ sex cam/ new sex cams/ free live sex cams /diet pills/ セリクラ/ 痩せすぎ注意!らくらく12キロ痩せたリバウンドなしの裏技大公開!/ あるルートから入手したおもちゃ!/大発見です!!!!!!!!!!/超レア物!{/hiyob_hat/}/非売品のチョロQ!{/cars_red/}/tramadol /tramadol …………。
 インターネットの世界ですから、横文字を使っていても英語圏から置きに来ているとは限らないでしょうが、ホンに迷惑なことです。地主さんに何とかして欲しいのだけど、地代が滞っているから言えないし、お巡りさんも、自警団もいない世界だから、ただ我慢するしかないのでしょうか。
 それにしても、商売熱心な方々ほど、他人の迷惑を顧みない例が、ほんとに多い世の中ですな。(;)

社会部時代(1)2007年03月05日 08:05

 しばらく思い出を書く。私は昭和34(1959)年春に、編集局員として東京の朝日新聞社に入った。すぐ、千葉の支局に配属になり、2年5カ月修行して青森支局に転じた。青森は短かった。昭和37年8月、僅か11カ月の津軽に名残を惜しんで、東京社会部に移った。
 この年5月に結婚したばかりで、西武新宿線の新所沢に新築された3階建ての2LDKの社宅を割り当てられた。ドアの向こう隣が、札幌からやはり社会部に「上がって」きた同期入社の本多勝一、2階の独身寮の一室には、しばらくして盛岡支局から政治部に配属になった、同じく同期入社の筑紫哲也が入居した。
 政治部か外報部をと密かに希望していた私は、社会部と聞いて、いささかがっかりした。しかし、当時の社会部は、部長の田代喜久雄 (のち専務、テレビ朝日社長・故人) に率いられ、斬った張ったの「三面記事」で飾る社会面から、「生活社会面」と銘打った新紙面を目指して沸き立っていた。
 若い記者にとって、それはやりがいを感じさせるものだった。世の中は急展開していた。公害、住宅、交通といった「社会問題」が脚光を浴び、消費者運動などの市民運動も芽生えていた。
 永田町や霞が関で扱われるマクロな問題のほとんどが、実は市民の日常生活に直に及ぶのだから、その反応を活字にして政界・官界にはね返して行く、──そんな、時代にふさわしい「新しい社会面」が求められていた。日本の国際社会復帰も実現し、暮らしにも「世界」が顔をのぞかせ始めていた。読者の知的水準も上がり、事件や事故、スキャンダルや奇談で社会面を埋める新聞作りには物足りなさを感じていた。
 だが、作る側の社会部記者には、頭の切り換えに戸惑う古株が残っていた。特に「事件記者」と呼ばれた警察・検察畑を長く担当していた先輩たちには“血がしたたるような紙面”こそが社会面であるとの拘りが強く、政治ダネも経済ダネも、国際ダネも科学ダネも、庶民の暮らしに密着した情報として垣根なく扱おうと、新たな試みに挑戦する“田代派”との間に、かなり嶮しい溝があった。(;)

社会部時代(2)2007年03月06日 08:00

 新しい社会面を目指した田代は、編集局幹部を説得して、社会面の右ページに「第二社会面」を創設、評判の強腕にモノをいわせ、優れた記者を社内外からせっせと社会部に集めた。
 その中には、のちに「天声人語」の名執筆者となった深代惇郎や疋田桂一郎(いずれも故人)、早く朝日を去って紀行エッセイストに転じた森本哲郎、“都市交通学”とでもいうか、草創期のモータリゼーションと都市生活の調和論で一家をなした岡並木(故人)らの書き手がいた。疋田も森本も途中入社組で、田代のやり方は、万事「実力本位」だった。
 有楽町にあった東京本社の社会部に着任した私は、「しばらく肩慣らしをしろ」と言われ、通信部から社会部に移管されて間もない立川支局詰めを命じられた。当時の立川は、典型的な「基地の町」で、市内・府中・横田などの米空軍基地や、基地反対闘争の砂川を管内に抱えていた。いずれも重要なニュース・ソースだったが、これらのソースは、どれも核心ではなく末端であった。
 米軍基地には滅多に入れない仕組みが中央ででき上がっていたし、砂川闘争に至っては、都心の社会党本部や総評事務局で何もかも設計されていたようなもので、地元では却って本当のことはつかめず、戸惑うことが多かった。とはいえ、前任地の千葉や青森の支局ではとんと話す機会がなく、錆びるにまかせていた英語を、時たま使うことができるのは楽しかった。
 新聞記者は、官庁や警察、業界団体などの記者クラブにたむろしているだけでは、役所や団体の“準広報官”に堕してしまうのがオチである。30数年の新聞社の生活の中で、外勤記者時代は僅かな年月だったが、私は「クラブに居つかない男」で通した。
 とにかく歩いた。役所の始業時刻とともに出て、まず担当の警察や官庁の庁内をクマなく歩く。次は自転車で出先だ。交番や派出所、支所のような末端で、思わぬ特ダネをものにしたことが何度もあった。商店街の事務所なども有力な情報源だった。「足で書け」と、仕込まれてもいた。やる気がなければ、励行は無理だった。(;)

社会部時代(3)2007年03月07日 08:05

 昨今と違って、役所にも企業などの法人にも、まだ広報体制は整っておらず、情報はこじあけて取るか、食い込んだ情報源やシンパなどから“失敬”するしかない場合が多かった。広報体制が整い、官庁や企業が積極的に情報を出すようになってから、記者がクラブに張り付けになるように変わっていったのだ。
 クラブに張りついている限り、1社だけ情報をつかみそこねる「特オチ」の恐怖からは解放される。だが情報を握る側は、自分に都合の悪いタネはまず表に出さない。こうして情報は管制され、新聞はどれも同じような記事を載せるようになって行った。この傾向は、昭和40年代 (1965年~) から次第に強まって、新聞ジャーナリズムの衰退と、政官財の独善・腐敗を助ける要員になった。
 立川に赴任してひと月ほど経った9月13日。木曜日だった。
 正午過ぎ、支局に上がって雑談をしていると、本社の社会部デスクから専用電話で、「山中湖畔の山荘が焼け、男女10人くらいの焼死体が出た。大量殺人らしい。通信部の管内だが、社会部からも応援を出す。とりあえず立川から飛んでくれ」という連絡だ。
 応答する小池助男支局長 (のち朝日新聞旧友会事務局長) の復唱を聞いて、「これは大きい」と、ロッカーから手早くカメラ・バッグを取り出す。
 その場に居合わせて、支局のジープを運転できるのは私だけだったのを幸いに、まず手を挙げた。私より半年ほど前に支局に配属になった記者の江森陽弘も「ボクも」と、上着の袖に手を通しながら名乗り出た。事件現場への出動は、早い者勝ちだ。
 「じゃあ、お前さんたち2人で行ってくれや」「気を付けてな!山道だからな。あんまり飛ばすなよ」と叫ぶスケさん (小池支局長) の声を背中に聞いて、ジープのアクセルを踏み込んだ。(;)