社会部時代(21)2007年04月02日 07:55

 ところが、尚一の告白から年が明けた1963 (昭和38) 年の3月中ごろだったと記憶するが、社会部の私のところへ彼が訪ねてきて、「実は、両親を説得して結婚が決まった。ついては、披露パーティーの司会を引き受けてくれ」「5月に帝国ホテルに数百人のお客を招いてお披露目をする」のだと、意気込んで言う。
 そんな大がかりな会合の司会など、やったことがなかったので、「とても自信がない。私などより慶応の学友とか、あなたをもっと古くから知っている適当な友人がいるでしょう」と固辞したが、「引き受けてくれる人が、実はいない。皆に断られた。ご迷惑だろうが、お願いしたい」と繰り返す。
 遊軍勤務になって、形だけとはいえ本社に席を置いてみると、編集局の中に大小、硬軟の派閥があることも薄々分かってきた。そんな中で、社主家や、その系列といわれる人たちへの厳しい視線があることにも気付いていた。
 だから、迂闊に引き受けて、痛くもない腹を探られるのも面白くない。初めはすげなく断っていたが、2度、3度と押し返しているうちに、彼の、ひどく孤独な立場が気の毒に思えてきた。
 もとより、厄介なことだからと逡巡するのは、性に合わない。まして頼って来た相手を、他人の色目を恐れて突き放すのは男気に反すると、結局、承諾した。
 ところがそのころ、すでに、後に朝日の屋台骨を揺るがすような大騒動に発展する「村山家一統」対「上野家を引き込んだ社側」の対立抗争「第二次朝日騒動=村山事件」の前哨戦だった「村山夫人清水氏骨折事件」の騒動が起きていたのだ。
 ただ、まだそのころの社内では、「いつもの村山夫人の横紙破りだ」程度の受け止め方が一般的で、事件の収拾には部長以上のごく限られた幹部が水面下で当たっていたに過ぎず、私のような社会部のヒラ部員は、ほんのあら筋を聞かされている程度でしかなかった。(;)