入試の突破術2006年11月01日 08:00

 庵の近くに、信号待ちをかわせる細い裏道がある。その裏道と表通りにまたがって、高校受験の塾がある。経営者自身も教鞭を執るといった規模の塾だが、表通りに面した3階建ての小ビルの前面には、「○○高校××人、△△学園××人、……」と、県内有名進学高校に合格した塾生の人数を大書した紙が、これ見よがしにべたべたと貼ってある。一見して、教えているのは、「入試突破術」であることがわかる。こんな「商売」が繁盛する時代は、子らが幸せであるはずがない。
 先に紹介した細い裏道は、直線でほんの50mばかり。中ごろに、塾へ通ずる裏口があり、裏庭は小さな駐車場になっている。一方通行ではないが道幅は狭く、普通の車がすれ違うのは難しい。ただ、互いに前方の見通しはいいから、対向車がすでに進入していれば、すれ違える幅の入り口で待機するのが暗黙のマナーだ。
 ところが先日、車でこの裏道に入って途中まで進んだら、前方から勢いよく入って来る小型車がある。当方は、すでに半ばを過ぎようとしていた。先方が入り口にバックして戻るかなと思いきや、どんどん進んで来る。
 期せずして双方が停止した。すると、先方の運転席の男が、塾の裏庭を指差して、手のひらをひらひらさせながら、当方に後退を求める。
 その身勝手さには、ただ驚くばかり。争うのも厭だからバックして道を譲ってやったら、会釈もせずに塾の裏庭に滑り込んで行った。同乗の家内の方がムカついて、「あの男、塾の経営者よ。なーんて図々しいのかしら」と毒づいた。
 こんな手合いだ。他人を押しのけ、蹴落として、有名進学校への難関突破術を伝授する進学塾の経営者には、うってつけなのだろう。
 教育基本法改正の国会審議が始まるのにぶつけたように、大学進学で著名な高校での世界史など必修科目の履修省略が明るみに出て、教育現場の歪みが改めて問題化している。塾は要るのか。──教壇に立つ者全てが、教育の本質を考え直す時だ。受験競争の「勝利術」には、国の将来を託せない。(;)

横組みの新聞2006年11月02日 07:56

 昨1日、産経新聞社から、紙に印刷された日本語の宅配日刊紙『SANKEI EXPRESS』が創刊された。最大のメダマは「横組み」である。
 かねてから「横組み新聞」への挑戦を提唱してきた私に、ジャーナリストのKさんから、早速、感想を求める電話が鳴った。もちろん、成功と発展を心から祈りたい。
 若い世代の「新聞離れ」が言われて久しい。だが新聞の側は、対応らしい対応をとってこなかった。後続の世代が離れて行くこと自体が、新聞の先行き不安を示しているのだから、事態は深刻だ。なのに、強いて挙げても、紙の新聞とは別立ての「電子版」への取り組みと、学校での教材扱いを目論んだNIE(Newspaper in Education)普及の活動くらいが主な対応策だった。そんな中、先行の「Net View」など、産経の時代対応はめざましい。
 私には、「新聞離れ」の1要因に、新聞社の「縦組み固執」と「商品の多様化忌避」があるように思えてならない。すでに教科書は、国語を除いてほとんど全てが「横組み」になっている。携帯電話のメイルやパソコンで情報を扱う際は、老いも若きも、読み・書きとも「横」である。公文書も然り。時代は、明らかに「横」なのだ。
 「横組み」の長所の1つが、電子情報との融通性である。情報の国際化には逆らえない。胡錦涛に「ふ・ちんたお」、盧武鉉に「の・むひょん」とルビを振っても、インターネットで検索したり、外国人にメイルを送る時は、「Hu Jintao」「Roh Moo-hyun」の英語(国際)表記が必ず要る。シーア派は「Shiites」、コンドリーサ・ライスは「Condoleezza Rice」と、正確に書かないと通じない。
 横組みなら、初出の名や「注」に国際表記を無理なく添えられる。『SANKEI EXPRESS 』創刊号は、トップ記事の書き出しが「George W. Bush」だった。国際派の知識人や、情報探究派の若者には受けるだろう。「コンパクト・サイズ」と称するタブロイド判32頁。これが「ニュース」部分と、「アート」部分に2分して読める。カラーが16頁で、20~30代を主な読者に想定しているという。読者の選択肢を増やしたのだ。
 さし当たり、関東が東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県、関西が京都市で発行とある。月極め税込み1,680円で戸別配達。詳細は、http://reader.sankei.co.jp/express/index.html。または電話で、関東=0120-919-005、関西=0120-34-3770。(;)

私から撃って2006年11月03日 08:03

 本当に、人は信念に殉ずることができるのだろうか。他人のために命を捧げることができるのだろうか。──長いこと生きてきても、いざ自分となると、いまだに確信をもって首を縦に振れない。
 9月2日、米ペンシルヴェニア州のアーミッシュ(Amish)の平和な村落で惨劇が起きた。小さな学校に、心を病んだ外部の男(32)が拳銃や散弾銃を携えて侵入。13歳から7歳の女児10人を捉えて、持参の長い木材に金具で繋ぎ、1人ずつ撃ち殺した。その場で5人が死に、残りの5人も重傷を負うなどして病院に運ばれ、男は自殺した。
 この時、撃たれると悟った最年長のマリアン・フィッシャー(13)は、幼い子たちをかばって「私から撃って!」と叫んだという。すると、マリアンの妹のバービー(11)が、すかさず「その次は私を!」と名乗り出た。男は、その通りに撃って、姉は即死、妹は重傷を負い気を失った。この様子は、病院で意識を取り戻したバービーらによって証言され、世界を衝撃で揺さ振った。
 アーミッシュは、17世紀のスイスに起こったキリスト教の宗派。18世紀、米国に渡った一派は、ペンシルヴェニア、オハイオなどの州に十数万人が住んでいる。聖書の教えに厳密に従い、銃は手にせず、農業をよすがに、世俗と隔絶した自給自足の生活を営む。
 今も電気や電話は住いから遠ざけ、後部に大きな赤い▲印をつけた黒塗りの馬車で行き来する。男の服装は、白シャツに黒のズボン、黒のベスト、幅広の黒い帽子。女性は、黒いワンピースに白いフード状の帽を被る日常だ。各戸に美しい"家紋"があり、どれにもハートがあしらわれている。信仰上の理由で、子どもは多い。
 1986年の夏、米国に出張した際に、フィラデルフィアで働いていた旧友の案内で、市の西方約70キロ、ランカスター地方の彼らの村落を訪ねたことがある。ひどく暑い午後だったが、会う人会う人、男も女も、まるで教会にでも出かけるようにキチンと襟を正し、物静かな微笑みをたたえていた。
 そこには、神との暮らしが生きていた。鳥肌立つ感動を覚えたのは、生きている天使の群れのような、子らの表情と挙措の美しさだった。人は信仰で磨かれ、まさかの時に「神の愛」を行えるのだろう。(;)

憲法の虚しさ2006年11月06日 07:58

 日本国憲法は、3日、「還暦」を迎えた。全国紙がそれぞれ、この日の意味を「社説」で取り上げる中で、憲法の護持にとりわけ熱心な姿勢を保ってきた朝日が、社説では全く触れずに見送った。テーマとして「必修科目の履修省略」と「和歌山県の談合疑惑」を優先したのだ。
 日めくりの暦で社説の主題を選ぶのはお粗末だが、今年の11月3日は、憲法にとって特別の意味があった。
 言うまでもなく、10月10日に北朝鮮が核実験を強行したことで、日本の国際環境は一変した。直前に発足した安倍内閣は、かねてからの自民党の公約である「憲法改正」に向けて、明確に積極姿勢を示し、憲法の改正を事実上不可能にしている「国民投票法の欠落」を埋めるべく、今国会で立法準備に入っている。各紙の社説が、それぞれに差異はあっても、決定的な状況変化を迎えた「還暦の憲法」について、それぞれの具体的な考えを示したのは当然だ。
 ところで、憲法について格別な問題がなかった去年の11月3日は、どうだったか。──朝日新聞も「社説」では取り上げなかった。しかし、中江利忠元社長らが音頭を取り、同社のOB・OG有志その他協力者112人の氏名を連ねた「憲法9条を守ろう」と銘打った、全3段の意見広告を掲載した。
 それだけに、知りたいのは新事態を迎えての朝日の「憲法観」である。それを、3日の社説に期待した読者は、拍子抜けだった。論説委員や有志の諸君は、今、どう考えているのだろう。
 特定の観念論や、空疎な理想論はおいて、改めて憲法の「前文」や「第二章」を、虚心に読んでみよう。
 現実として、すでに日本列島をすっぽり射程に収める弾道ミサイルを保有し、その弾頭に装備すべく核爆弾の実験に成功、覇権国家の仲間入りを狙う隣国がある。その隣国は、日本とは「今なお戦争状態」にあると明言している事実がある。
 憲法のこれら「不戦条項」の非現実性は、もはや放置できまい。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」いれば、「われらの安全と生存を保持」できるのか。そして、このナイーヴさを基に、「国権の発動たる武力の行使も交戦権も棄てて」生存が可能か。何より新聞は、現実に忠実でありたい。(;)

サクラ公聴会2006年11月07日 08:02

 公務員の中に、民主国家と国民に仕えている立場を理解しているのか、危ぶまれる者がいる。
 青森県八戸市で、今年9月2日に「教育改革タウンミーティング イン 八戸」が開かれた際、主催した小泉政権下の内閣府から青森県教育庁に対し、事前に質問者の確保と、教育基本法改正への賛成発言を誘導する工作が行われ、これを地元の中学校長に依頼した文書が暴かれた。
 「証拠」は、10月31日の衆院教育基本法特別委員会で、共産党議員から披露され、内閣府は工作の事実を認めた上、「来場者の活発な意見を得るための依頼や、参考資料を提供することもある」と弁解した。タウンミーティングは、小泉前首相キモ入りのイヴェントだったが、民主的手法を装った"八百長集会"と化した一例で、改めて小泉流「劇場政治」の欺瞞性を感じさせられる。
 露呈した2通の文書は、どちらも同県の教育政策課と教育事務所が作成した地元中学校の校長2人に宛てたファクスのコピー。8月30日付の「タウンミーティングの質問のお願い」と題する文書には、具体的な「質問案」が並び、「当日は○番の質問をお願いします」として、「時代に対応すべく、教育の根本となる教育基本法は見直すべきだと思います」の項が指定されている。
 また、9月1日付文書には、「内閣府から発言の仕方について注意があった」として、「できるだけ(せりふの棒読みは避け)自分の言葉で話し、『お願いされて』とか『依頼されて』などと言わないで(あくまで自分の意見を言っている、という感じで)発言して……」などと"注文"が連ねてある。11月に入って、他にも"サクラ質問者"が見付かった。
 ミーティングには、当時の小坂憲次文科相らも出席した。開催を準備した役人たちは、まず大事なく、円滑かつ盛大にミーティングを終えることが、最大目的だったのではないか。ミーティング本来の狙いは、為政者の政策構想を市井に問うことだったはず。役人らの保身がそれを歪めた。
 政務官の量産で内閣が肥大する中、選挙民の代表であるはずの政治家までが、立身出世や保身を願って、時の権力にゴマを擦ることが常態になってはならぬ。今回の例は厳しい警告だ。(;)